7日間おかゆファスティングに挑戦してみた結果

こんにちは。アラフォーでここ数年ずっと体型が気になっているフリーランスのデザイナー、北川です。

先週私は「7日間おかゆファスティング」にチャレンジしました。

自分の胃を休め、濃い味に慣れた舌をリセットし、食についてじっくり考えることのできた有意義な7日間だったので、今回はその内容と結果をレポートしてみたいと思います。

おかゆファスティングとは

まずは「おかゆファスティングとは何か?」について、説明したいと思います。

そもそも皆さん、ファスティングとは何かご存知でしょうか?

ファスティングは、「断食」を意味する英語です。fastingと書きます。

断食と言っても「水を含むすべての食物を食べない」、「食事は断つけれど水分は摂る」、「特定の食物を食べない」など、様々な種類の断食があります。

私が今回やった「おかゆファスティング」は、おかゆと水分以外のものは食べないという断食でした。

細かいルールがあるわけではないので、何がOKで何がNGかは自分で決めます。今回僕が決めたルールは以下の通りです。

  • おかゆ以外のものは食べない
  • おかゆなら、どれだけ食べてもOK
  • おかゆのトッピングも、特に制限はなし
  • 水分は摂ってもOK

 

ちなみに「トッピングが何でもOKなら、おかゆの上に唐揚げ乗っけたり何でもできちゃうじゃん」と思われるかも知れませんが、目的が「胃や舌のリセット」なので、一応トッピングも常識的な範囲のものを選ぶようにはしました。

おかゆファスティングを始めたきっかけ

何故今回おかゆファスティングをしようと思ったのかと言うと、オンラインサロンやTwitterで仲良くしていただいている中村ひろきさん(@you_chiryoin)からお声がけをいただいたからです。

ひろきさんは名古屋を拠点に「会社員、治療家、不動産投資家、ブロガー」という4足のわらじを履いて活動されている超すごい人です。詳しくはひろきさんのプロフィールページを御覧ください。

http://travelife100.com/entry/2016/03/13/191155

7日間のおかゆファスティングがスタート

さて、そんなルールを決め、いよいよ7日間のおかゆファスティングが始まりました。

7日間同じ種類のものだけを食べ続けるというのは完全に未知の体験。果たしてどんな結果になるのか、まったく予想もできません。

おかゆファスティング 1日目

というわけで、おかゆしか食べられないファスティング生活の1日目が幕を開けました。

ちなみに1日目の朝はおかゆの材料の準備をし忘れていて、コーヒー1杯だけという朝食でした。

そしてお昼に買い出しに行き、様々なトッピングをゲット。

初日に買った食材は以下の通りです。

  • かつお梅
  • しめじ
  • みつば
  • 釜揚げしらす
  • 塩昆布
  • 鮭フレーク

 

とりあえず初日ということで、シンプルめな味のトッピングを選んでみました。鮭フレークなんかの、ちょっとジャンク風味なトッピングはもう少しおかゆに飽きてからにしたかったからです。

— キタガワ (@chikulog_tk) 20171113

2日目の夕食は、釜揚げしらすとみつばを加えてみて少し彩り豊かなおかゆを目指してみました。

僕は包丁さばきも下手だし料理のレパートリーも少ないので、決して料理が得意な方じゃないんですが、色のバランスや盛り付けだけは人より少しこだわりがある方かも知れません。

今回も、同じ時期にファスティングを行っているグループのメンバーに食事内容をシェアするため、見た目の鮮やかさやバリエーションには少しこだわってみることにしました。

おかゆファスティング 2日目

おかゆファスティング 3日目

3日目になりました。まだまだおかゆ生活も余裕だし、体調も良い状態が続いています。

3日目ということで、異色のおかゆにもチャレンジしてみました。刻んだほうれん草を入れて緑色にしたおかゆなんですが、これがなかなか味的にも見た目的にもイケる!

さて、3日目の晩ぐらいから、お菓子食べたい欲がふつふつと湧き上がってきました。まだおかゆに飽きてきた感じはしないんですけど、それとは別な「ジャンクなものが食べたいなあ…」というぼんやりとした感情です。

3日目に緑のおかゆにチャレンジしたので、4日目の今日は赤いおかゆに挑戦してみることにしてみました。

トマトを入れて赤くしたおかゆに、えびを入れ、ねぎやしらす、みつばをトッピングした「赤いおかゆ」です。トマトを入れたことで、優しい味になりました。

おかゆファスティング 4日目

おかゆファスティング 5日目

おかゆ生活6日目。

正直に言うと、この時点で結構おかゆだけの食事に飽きてきた感がありました。7日間おかゆだけの生活を続ける意味は何かのか?何度も自問自答をするようになります。

しかしゴールは見えています。諦めずに続けようという気持ちを支えたのは、「最初に決めたことを貫こう」という気持ちでした。

おかゆファスティング 6日目

さて、4日目には緑のおかゆ、そして5日目には赤いおかゆを作ったので、今日は何色のおかゆを作ろうと考えたのですが、「かぼちゃを使って黄色いおかゆを作るのは比較的簡単そうだな」というアイデアはファスティング開始直後からあったので、このタイミングでそれにチャレンジしてみることに。

ただ、これは結果的に大失敗でした。

見た目も悪くなく、前半は味も結構良いなと思ったんですが、半分ほど食べ終えた頃からだんだんと「甘すぎる…」と感じるようになってきました。最後の方はもう「甘すぎて気持ち悪い」と感じるほど。

だしと醤油のシンプルな味付けで、かぼちゃの煮つけみたいなテイストだったんですが、まぁこれはおかゆにはマッチしないですね。

おかゆファスティング 7日目(最終日)

そしてようやく最終日がやってきました。

体調は良好。ただ、「他のもの(特にお菓子)が食べたい欲」はピークでした。マラソンでいうところの心臓破りの坂です。気力だけであと1日を乗り切ろうと、自分を鼓舞します。

最終日のお昼は冷蔵庫にあった食材をふんだんに使ったマシマシトッピングおかゆ。

そして最終日の夜、つまり最後のおかゆは「ちょっと変わり種を作ってみよう」と魔が差し、ローズヒップティーのティーバックをおかゆに入れてみました。これは正直失敗でした(笑)

最後ぐらい超完璧なフォトジェニックおかゆを作りたかったのですが、まあ実力の底が出ましたね。

7日間を終えてみての感想

そんなこんなで何とか7日間のおかゆファスティングを無事に終了することが出来ました!

正直な感想を言うと「4〜5日ぐらいで良いかな?」と、強く思いました。色々バリエーションはつけたつもりでしたが、やっぱりおかゆだけで7日間はちょっと飽きてきます。

一方、「自分がどれほど塩分や糖分、ジャンクフードや菓子に脳を支配されているのか」について、改めて考えさせらる良いきっかけにもなりました。

おかゆファスティングの効果は?

さて、気になる効果はどうだったのでしょうか?

おかゆファスティングを1週間やってみることで表れた変化を見ていきます。

体重の変化

【1日目】61.1kg
【2日目】60.8kg
【3日目】60.5kg
【4日目】61.1kg
【5日目】61.0kg
【6日目】60.9kg
【7日目】61.0kg

ということで、おかゆファスティングによる減量効果はまったくありませんでした(笑)減量が目的なら、炭水化物抜きダイエットなんかのほうがよほど効果が高いと思います。

体重以外の変化

このファスティングを始めるきっかけとなった中村ひろきさんによると、おかゆファスティングを数日間続けて「シュークリーム1個を完食するのが困難になった」人もいるそうです。

いわゆる「味覚のリセット」的なものだと思います。ただ、そのような効果は僕には表れませんでした。濃い味に慣れ切ってる僕には、そういう効果を得るにはもう少し長いファスティング期間が必要なのかも知れません。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です