シェアハウスはこれからの日本のスタンダードになるよというお話

こんにちは、TKです。

私事ですが4日ほど前に、一時的にパラサイトしていた実家を離れ、京都のギークハウスへと引っ越しました。

ギークハウスというのは簡単に言うとエンジニアやクリエイターなど、特定の分野で特化した技術を持つ人たちが集まるシェアハウスだそうです。今現在日本中にギークハウスは30件ぐらいあるそうで、それぞれのギークハウスによってどのような人を募集しているかは違いがあるそう。僕の入居したギークハウス東福寺はゲームクリエイターのプログラマーが管理人ですが、特にゲーム関係だけしか募集していないなんてことはなく、幅広い人を募集しているようです。

シェアハウス移住のススメ

シェアハウスは必ずこれからのスタンダードになる

さて、移住してから間もないわけですが、私このシェアハウスというものがこれからの若者たちに急速に普及していくと予感しています。ま、こんなことわざわざ私が言わずとも同じようなことを感じているかもしれませんし、実際にシェアハウス自体がどんどん増えているというのは様々なデータでも出ています。Facebookなどを見ていても、シェアハウス関連の投稿はよく目にするようになりました。

一体なぜ近年これほどまでにシェアハウスが浸透してきたのか。私は大きく2つの理由があると思っています。

固定費を抑えられる

ひとつは経済的な事情。リーマンショックの頃と比べると株価はだいぶ上がってはきていますが、非正規雇用者の割合とか働く人の年収って実はあまり改善されていないんですよ。今の20代とか30代ってあんまりお金持ってないんです。

お金持ってないから結婚せずに一人暮らしをしているんですけど、一人暮らしとてそれなりに固定費がかかるわけです。特に大都市圏なんかは家賃が高いですからね。「じゃあ少し大きめの物件を借りて、みんなで一緒に住んだほうが安上がりじゃね?」という風にしてどんどん広まってきたのがシェアハウスというものなんです。

様々な濃い人たちとの交流が気軽にできるようになる

「じゃあシェアハウスってこれから景気が上向いていけばどんどん少なくなるよね?」と考える方もいるかもしれませんが、私は恐らくそうはならないと思います。

まず、既に日本そのものが緩やかな衰退期に入っていることが理由のひとつです。ここ10年20年で大手の銀行や企業がどんどん潰れたり合併したりして、今の若い人たちは「どんな会社にいても一生安泰なんてことはないのだ」とよく解っています。若いうちに結婚してマイホームを35年ローンで購入なんていう人生設計が当たり前だったのはもはやとうに昔の話です。結婚を選ぶ人でも賃貸や低価格なマンションを比較的短期のローンで購入することが多くなってくるでしょうし、ましてや結婚しない人たちでローンで何千万もする家やマンションを買う人の割合はもっと低くなるでしょう。

あとはSNSなどの普及とも関係がありますが、社会全体がだんだんとコミュニティーを重視するようになっていることも理由のひとつだと思います。金銭的な豊かさの代わりとして人々は繋がりの豊かさを求め、共有可能なものはできるだけ共有していくことが当たり前になってくるでしょう。

そういう社会では、たくさんの人との交流が何よりの財産になってきます。シェアハウスは入居者以外にも色んな人たちの出入りがあるため、そういったネットワークを作るのにはうってつけです。

シェアハウスごとのメリット

一言でシェアハウスと言ってもその特徴は様々。そのシェアハウスにどんな人が集まっているかによって、得られるものはまったく変わってきます。

私が入居したところは管理人が元ゲーム開発会社勤務で、現在はフリーのゲームクリエイターとして頑張っています。それゆえにゲーム関係者の出入りも多く、その方面の人にはもの凄く価値のある出会いがあるかもしれません。まぁ私はゲーム関係とはまったく関係のない人間なのですが、大きな意味でクリエイティブなことをやろうとしているという部分は共通しているので、色々と刺激になることが多いです。ハウス内にはゲームが充実しているので、入居者同士で集まって夜な夜なボードゲームに興じたり、時には友人などを招いてテレビゲームをしたりということも。

まとめ

データはありませんが、恐らく現在シェアハウスに住んでいる人の割合はまだ10%にも満たないんじゃないかと思うのですが、私はこれが10年後ぐらいには30%を超えてくるんじゃないかと予想しています。

限られた資源(お金)を有効に使い、かつ様々なネットワーク作りもできるシェアハウスという生き方は、ものすごく効率的でありメリットがたくさんあると思います。プライバシーなどの心配をされる方もいるかもしれませんが、今は個室があるシェアハウスも珍しくありませんからね。いくらでもあなたに合ったシェアハウスを探すことができますよ。

とりあえずまだ入居してそれほど日数が経っていないので、シェアハウス生活については今後も色々と情報を出していければと思います。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です