ブログ

効果的なブログ名の付け方の考察

本日はブログ名について、僕なりの考えをまとめていきたいと思います。

というのも実は僕も、今このブログのタイトルについて悩んでいるからです。
後述しますが、ブログ名は重要です。よくよく考えてつけなければなりません。けれどあまりに考え過ぎてブログの開始が遅くなってしまうのは時間がもったいない。
ということで、一番初めはこのブログもあまり考えずに『ちくログ』という名前でスタートさせました。名前の由来は、貯蓄や資産運用をメインテーマにしようと思っていたからです。

ところが、今後自分が書くだろう記事内容について考えていくと、「やはり本職であるデザイン系が一番たくさん書けそうかな?」と思ったり、はたまた「旅行記や体験記なんかも書きたいな」とか色々と幅のあるものになりそうな気もして、果たして『ちくログ』という名前が良いのかどうかと思い始めました。その後すぐにタイトルを『現役デザイナーTKのブログ』に変更して今に至りますが、いまだベストなタイトルでない気がします。

ということで、まずはブログ名がなぜ重要なのかについてを考察しつつ、本ブログの名前についても考えていきたいと思います。

なぜブログ名が重要なのか

ブログ訪問者をファンにする

なぜブログ名がそれほど重要なのか。その答えは訪問してもらった後に、ブログを覚えてもらうためだと僕は思います。

ユーザーがブログに訪問してくれる時の主なリンク元(経路)は、検索結果ページSNSなどによるシェア投稿記事です。検索結果ページやシェア投稿の記事を見てからブログに飛んできてもらう時には、記事タイトルがもっとも重要です。

では、一度来てもらった後にもう一度来てもらうためにはどうすれば良いのでしょうか?もう一度ユーザーが検索ページやSNSから自分の書いた記事タイトルに興味を持ってもらうしかないのでしょうか?

ここで重要なのがブログ全体のブランディングです。一定以上のアクセス数を目指す場合は「このブログはなんだか自分の役に立つ情報が多そうだ」とか、「このブログの作者、なかなか面白い視点だな」と思ってもらい、ファンになってもらう必要があります。たくさんの人にファンになってもらえれば、ブックマークしてもらえたりRSSに登録してもらえたりして、安定的なアクセスを稼ぐことが可能になります。

ブログ名の持つ役割とは

そして、初めは記事だけに興味を持っていた人がブログそのものに興味を持つようになってもらうために、ブログ名の持つ役割が重要になってきます。

ブログ名の持つ役割とは以下の3パターンがあります。

・ブログのテーマをユーザーに伝える
・ブログの作者をユーザーに覚えてもらう
・ブログ作者のセンスをユーザーに印象づける

ブログ名の付け方のパターン

それでは上で挙げたブログ名の3つの役割を果たすためにはどのような名前を付ければ良いのでしょうか?
実例を挙げながら1つずつ見ていきたいと思います。

ブログテーマ明示型

ブログのテーマがタイトルにはっきりと書かれているタイプです。テーマがはっきりとしているブログに適しています。

(例)
・脱社畜ブログ
http://dennou-kurage.hatenablog.com/

・ノマド的節約術
https://nomad-saving.com/

・海外SEO情報ブログ
https://www.suzukikenichi.com/blog/

作者アピール型

これは作者の名前(もしくは企業名)をアピールするタイプと、作者の属性を伝えるタイプに分かれます。この型の場合、記事のテーマが縛られないので様々なテーマの記事を書いて雑記ブログのようにすることも可能です。

(例)
・ARuFaの日記
http://arufa.hatenablog.jp/

・はあちゅう 公式ブログ
http://lineblog.me/ha_chu/

・科学コミュニケーターブログ
http://blog.miraikan.jst.go.jp/

・LIGブログ
https://liginc.co.jp/

センスで勝負型

こちらは細かく分けると「ブログのテーマに沿ったワードを使用したタイプ」、「テーマとは全く関係のないワードを使用したタイプ」に分かれます。

(例)
・まだ東京で消耗してるの?
http://www.ikedahayato.com/

・おまスキャ(おまえは今までスキャンした本の冊数をおぼえているのか?)
http://ushigyu.net/

・Last Day. jp
http://www.lastday.jp/

複合型

こちらは今までに出た型のうち、2つ以上の型を組み合わせたものです。

(例)
・暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ
http://joshi-daisei.hatenablog.com/

ブログ名を付ける際に使えるテクニック

濁音を入れる

ブログ名に限りませんが、濁音(濁点「 ゛」のついた音)を入れたネーミングは、インパクトがあり記憶に残りやすくなります。濁音だけでなく、半濁音(「 ゜」のついた音)を入れてみても結構インパクトがあります。

(例)
・バズ部
https://bazubu.com/

・ごりゅご.com
http://goryugo.com/

いかがでしょうか?

まとめ

普段なにげなく見ているブログ名ですが、その役割を考えるとかなり深いものなのであります。

ブログ名はドメイン名とは違い、いつでも好きな時に変えることが出来ます。ありきたりな名前からちょっと工夫した名前に変えるだけで、ブランディング効果もインパクトもかなり変わってくる可能性がありますので、一度ブログ名について考えてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME