生活

LINEモバイルを10ヶ月使ってみたので正直な感想をまとめてみた

どうも、京都でフリーランスのデザイナーをしているキタガワです。

先日LINEモバイルのWi-Fiオプションプランが発表された時に記事を書いていてふと気付いたのですが、僕がauからLINEモバイルにキャリア変更してからちょうど10ヶ月ほどが経ったんですよ。

10ヶ月も使ってみると、メリットやデメリットなど様々なことが見えてきたので、ここらで記事にまとめてみることにしました。

そもそもLINEモバイルに乗り換えて良かったの?悪かったの?

まずはこれが一番大事なことだと思います。

正直、LINEモバイルに乗り換えてめちゃくちゃ良かったです。

理由は大きく3つあります。

[aside type=”boader”]

  • 月々の携帯料金が劇的に下がった
  • 通信や通話にストレスがかからない
  • オプションのWi-Fiサービスが充実した

 [/aside]

月々の携帯料金が劇的に下がった

僕は10ヶ月前にLINEモバイルに加入するまではauと契約していて、月々の携帯料金は約8,000円前後でした

解約してから半年以上経っちゃったんで当時の明細はもう見れないんですが、確か基本料金が2000円ぐらい、定額通信料金が約6000円ぐらい、みたいな内訳だったと思います(正確には家族割があったりオプション料金があったりしましたが)。

それがLINEモバイルにしてからの料金はどうでしょう。

なんと2,000円以下にまでダウン!!

8,000円から2,000円以下ですよ。1/4以下です。

ちなみに僕が使っているLINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン(3GB)」は、通常の音声通話をすると30秒ごとに20円の通話料金が発生します。

ま、基本的に知人への電話はほとんどLINE通話で済ませてしまうので無料なんですけど、たまにレストランへ予約の電話を入れたりする時にはどうしても通話料金が加算されてしまいます。

なので月々の請求料金はいつも一定ではないんですね。ですが、ここ10ヶ月の請求料金を見てみると、だいたい平均2,000円ぐらいでした。一番高かった月でも2,433円(税込)でした(以下の画像参照)。

国内音声通話量が560円となっているので、だいたい14分ぐらい通話していたことになります(20円/30秒で計算)。

月々平均8,000円ぐらいだった携帯料金が、月々平均2,000円ぐらいになってしまったので、料金の削減に大成功したと言っても良いでしょう。

月額料金が減ったことに感動した過去の記事はこちら。

LINEモバイルに乗り換えて携帯代が月5000円安くなりました

通信や通話にストレスがかからない

さて、料金は約1/4になりましたが、肝心のサービスの質についてはどうでしょう?

結論から言うと、まったく問題もストレスもなく使えてます

LINEモバイルにはいくつかのプランがありますが、僕が使っているのはLINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題の「コミュニケーションフリープラン」というものです。

コミュニケーションフリープラン
データ容量 データSIM(SMS付き)  音声通話SIM 
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

コミュニケーションプランにもデータ容量の制限が3GB、5GB、7GB、10GBと4つのプランがあり、要はLINE、Twitter、Facebook、Instagram以外のデータ通信(例えばYouTubeを見たり、SafariなどのブラウザでWebサイトを見たりすること)で制限を超えてしまうと通信速度が落ちてしまうということなんです。

まぁ外出先でYouTubeを見まくりたいという人はたぶん一瞬でデータ制限に達してしまうと思いますが、そういった特にデータの重い動画や一部のゲームはWi-Fi環境下で見たり遊んだりするようにさえ気をつければ、3GBでも結構余ってしまうぐらい余裕があるプランだと思います(ちなみに余った分は翌月までなら繰り越して使うことができます)。

僕個人はフリーランスなので自宅では自宅のWi-Fi、たまに行く外では4G回線メインという使い方ですが、3GB制限のプランでも毎月半分以上は余らせて繰り越しています。

オプションのWi-Fiサービスが充実した

このように、料金やサービスともに十分満足なレベルを超えていたLINEモバイルですが、先日また新たなサービスが追加されました。

その名も「Wi-Fiオプション」です。

これはどういうサービスかというと、月額200円(税抜き)を払うことで、カフェや駅など全国49,000のスポットで公衆無線LANサービスが利用できるようになるというもの。

私は先ほども言ったように、外では動画などの大容量の通信を行うことはほとんどないのですが

[voice icon=”/wp-content/uploads/2017/09/man_smile01.png” name=”” type=”l”]どうしても外でガンガン通信したい[/voice]

という人にはこの「Wi-Fiオプション」がオススメです。

このオプションを使えば全国49,000のWi-FiスポットでWi-Fiが使い放題になるので、外での大容量通信がかなり現実的になります。

Wi-Fiオプションについては別の記事にわかりやすくまとめていますので、良ければ参考にしてください。

LINEモバイル「Wi-Fiオプション」に契約してみた

デメリットは?

音声通話SIMプランを選んだ場合だけ、最低1年間の契約が必要となる

LINEモバイルで音声通話(LINE電話やFacebookメッセンジャーの通話ではない、いわゆる普通の通話)をしたい場合、「音声通話SIMプラン」を選ぶ必要があるのですが、音声通話SIMプランを選んだ場合のみ、利用開始日から数え、その翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までにサービスの解約かMNP転出をすると、9,800円(税抜き)の解約手数料が発生してしまいます。

知人や家族などへの通話はLINE電話などで済ませられることが多いですが、レストランに予約の電話を入れたり役所や病院に電話をかけたりするには「音声通話プラン」への加入が必須となります。

その場合は約1年間の縛りがついてしまうので、短期での利用を考えている人にはデメリットになるでしょう。

ただし1年以上の利用を前提としている人にとってはこれは全くデメリットになりません。

まとめ

このように、LINEモバイルにはかなりのメリットがあることがお解りいただけたと思います。

特に3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)をお使いの方には、LINEモバイルへの乗り換えは、料金的なメリットはかなり大きいと思います。

まだ乗り換えていない人で、乗り換えたいなと思った方はこちら
LINEモバイル

ABOUT ME