旅行

札幌観光で気をつけるべき3つのこと

札幌観光計画までのいきさつ

友人の一言

ともに関西で育ち、ともに関西で学び、ともに関西で働いていた友人。
そんな彼が突然会社の命により北海道は札幌への転勤となり、さよならを言う間もなく北の大地へと旅立ちました。

それから5年の月日が経ち、突然彼からの連絡が。

「俺、来年4月に結婚することになってん。結婚式来てな」

…。

……。

まさに晴天の碧麗。
大学生になっても「う○こ」というワードで大笑いするような中学生の頭のまま成長してしまったような彼である。社会人になって三十路を超えてもヘラヘラしながらよく分からないことばっかり喋っているような彼がである。そんな彼が俺より早くに結婚…!?

いや、ちょっと待てよ、「結婚式来てな」って。関西から札幌まで遠すぎるわ。

しかもこういう遠方の結婚式の場合、交通費か宿泊費の一部を負担するとかあるんじゃないんですか?

ないんですか、そうですか。

とまぁ器の小さい僕はブツブツ言いつつも、なんだかんだ20年前からの友人なので二つ返事で参加しますと伝えたのでした。

旅行の計画

でもせっかく札幌に行くんだからちょっと観光もしたいよなぁと思ったので、前日入りして札幌の街を楽しむことにしました。

といっても丸々動けるのはたった1日だけ。しかも札幌にはお昼着である。なので最低限したいことをピックアップしてみることに。

・ラーメンを食べる
・時計台を見る
・クラーク像を見る
・海鮮グルメを食べる
・すすきのを歩いてみる

このぐらいならなんとか完遂できそうかな。

ということで、これ以上の細かい計画は立てずに、あとは行き当たりばったりで行ってみることにしました。

札幌観光当日

12:00 JR札幌駅

午前11時頃に新千歳空港に到着した僕は、そのままエアポート快速で札幌へ向かいました。所要時間約40分、電車賃1,070円。

JR札幌駅到着。実はこれから向かう様々なスポットは、ここ札幌駅からそう遠く離れておりません。ということで、移動はすべて徒歩で行うことにしました。

12:10 札幌時計台

まずは定番中の定番、札幌時計台へ。札幌駅から徒歩約7~8分ほどで到着します。

12:25 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

1888年(明治21年)に建てられたネオ・バロック様式の庁舎で、現在使われている新庁舎が完成するまで約80年に渡って使われました。現在は北海道の名産展示室や北方領土資料館などとして一般開放されています(入場無料)。

12:45 北海道大学内 クラーク像前

はい、こちらが本日の「気をつけるべきこと」第一弾です。

札幌駅から7~8分ほど北へ歩いていくと北大札幌キャンパスの入り口があるのですが、キャンパスの南側にある『中央ローン』と呼ばれる広場の傍らに、クラーク像はありました。

が、しかし…!

おもてたんとちがーう!!

私が想像していたのは直立して右手を彼方の方向へ向けている全身像だったのですが、ここのクラーク像はご覧の通り、胸像です。
おもむろにスマホを取り出し、「クラーク像 全身」というワードでググってみると、なんと全身像はここから車で約30分も走ったところにある『羊ヶ丘展望台』という場所にあるそうじゃないですか…。

しかもグーグルマップで検索してみても、交通手段がない…!レンタカーオンリー!?

ということで、今回はやむなく全身像とのご対面は諦めることにしました。
クラーク像と並んで「例のポーズ」をして記念撮影したいとお考えの方がいらっしゃいましたら、車での移動を検討してみてください。

※今この記事を書くにあたり再検索してみたところ、なんと札幌駅から羊ヶ丘展望台への路線バスがあったそうです。なんてこった。

13:05 六花亭 本店

北大を出て南へ10分ほど歩くと、偶然『六花亭』の本店を発見しました。

六花亭は、ご存知の方も多いと思いますがマルセイシリーズのバターサンドやストロベリーチョコなどが有名な洋菓子店です。ここ本店は自社ビルとなっており、お菓子を販売しているフロアだけでなく喫茶室やギャラリー、ホールなども備えた施設となっています。ちなみにこの日は写真撮影だけして、本格的なお土産探しは翌日の朝にすることにしました。

13:30 すみれ 札幌すすきの店

やはり北海道に来たら、一食はラーメンを食べたい!ということでやって来たのが、ここ「すみれ」です。北海道のラーメンと言えばやっぱり定番は味噌ラーメンですよね。実は僕の中のラーメンランキングの中では、味噌ラーメンって最下位に近いんですよ。ですけど「本場で食べたら味噌ラーメンに目覚めるかも知れない」という期待もあり、行ってみることにしました。「すみれ」に決めたのはもちろん超人気店だからです。カップラーメンとして全国のコンビニでも売られているほどですからね。

注文は店の入口にあるチケットを買って渡すという方式です。シンプルで良いのですが、メニューを選んでいる最中は値段が確認できないというのがちょっとマイナスポイントだなと思いました。値段は、最後の最後にお金を券売機に入れる時になって初めて表示されます。ちなみに私が頼んだのはチャーシュー入りのラーメンでした(チャーシュー麺という名前だったかどうかはうろ覚えです)。

店内はカウンター席とテーブル席がありましたが、今回はお一人様ということでカウンター席に通されました。テーブルも椅子も清潔でいい感じです。有線なのか店員の選曲なのかは分かりませんが、僕が行った時は「Gorillaz」やら「Rediohead」など、僕好みの洋楽ロックばかりが流れていました(特にうるさすぎることもありません)。

さて、肝心の味のほうはと言いますと、にんにくが効いた濃厚スープがとても美味しかったです。チャーシューも大きくて食べごたえがあるものが3枚も入っていて、大満足でした。

ただまぁ改めて感じたのは、「味噌ラーメンはやっぱり自分の中のラーメンランキングの上位にはなり得ないなぁ」ということでした。これは本当に好みとしか言いようがありませんし、味噌ラーメンをDisるつもりも毛頭ないのですが、自分の中のラーメンランキングは「1.とんこつ、2.魚介系、3.野菜系、4.塩、5.鶏白湯、6.醤油、7.味噌」といった感じです(他にも種類がありますが、ここではざっくりと)。まぁ味噌にしてはかなりレベルが高いと思いますので、このランキングで言えば塩あたりとは張れる気もします。

ラーメンを食べ終わるとちょうどホテルにチェックインできる時間になったので、ホテルに移動して荷物を置いてきました。なまじ徒歩圏内で色々回れるので、あっちこっち歩き回ったせいで少々疲れが出てしまい、部屋に着くと2時間ほど眠ってしまいました。短い滞在時間でもっと色々と楽しむためには、路面電車やバスを活用するなどして体力と時間を有効に活用する必要があると感じました。

ちなみに札幌には「都心内100円バス」というものがあり、札幌・すすきの周辺の指定区間なら一乗り100円で利用できるそうです。今度行った時は是非活用したいなと思いました。

19:00 だんまや水産

夜になってからは友人と合流して、居酒屋さんで食事をしました。友人が連れて行ってくれたのは『だんまや水産』というお店でした。
ここで友人おすすめのビール『サッポロ クラッシック』と、毛ガニを頼もうとしたのですが、なんと毛ガニが既に売り切れてしまっていました。僕は北海道で毛ガニを食べたことがないのですが、友人は「絶対食べるべき」と言っていたほどでしたので、やはりズワイガニやタラバガニとはひと味違うのでしょう。残念です。

ちなみにサッポロのクラッシクビールですが、個人的には「キレはいいけどコクがちょっと足りないかな~」と感じてしまいました。コクよりキレ重視の方にはオススメできるビールだと思います。

番外編 夜のすすきの

「札幌と言えばすすきの!」と言われる男性の方も多いと思います。今回せっかくなので、夜のすすきのも散策してみることにしました(散策だけですよ)。ぶらぶら歩いてみた感じではさほど危険な街という感じはしませんでした。一般人や普通の女の子なんかも歩いていましたしね。エネルギッシュな地域ですので、もし札幌に来られる機会があれば一度夜のすすきのを散策してみてはいかがでしょうか?

まとめ 札幌観光で気をつけるべきこと

では最後に札幌観光で気をつけるべきポイント3点をおさらいします。

全身のクラーク像は、札幌駅周辺にはない

時間と体力を有効に活用するには100円バスを使え

毛ガニが食べたければ、晩は早めにお店に入ること

まぁこうして並べてみると、無理矢理3つほど挙げたような感じですね。そう、基本的に札幌は最高なのです!(今回、春だったというのもあります。冬は天候など気をつけることがありそうですね)
ほんとに綺麗だし食べ物は美味しいしで、是非また遊びに行きたいなと強く思いました。

ちなみに関西からなら早めに飛行機を予約すると、往復1万円ちょっとで行けてしまいます。
皆さんも是非素敵な街、札幌に遊びに行ってみてください。

ABOUT ME