アイテム

iPad Pro 2020購入。気になる性能をチェックしてみた

こんにちは、北川です。

先週3月19日に突然発表された、新型iPad Proのリリース。

去年の秋ぐらいから「出ないかな、出ないかな」と待ち続けていたものがようやく発表!ということで、勢いよく購入してみました。

iPad Pro2020のファーストインプレッションは?

iPad Pro2020

実はこのiPad Pro2020、機能としては2018年のモデルに比べてあまり大きく進化はしてないんですよね。

目立った進化点は次の通り。

  1. カメラが標準と超広角の2眼になった
  2. すべてのモデルでメモリが6GBになった
  3. AR用のセンサーの性能が大きくアップした

劇的な進化ではなく、マイナーチェンジですね。

ただ、カメラの進化は写真撮影の可能性の幅を広げてくれますし、メモリが増えたことでより仕事や創作の快適度も上がるのは間違いないでしょう。

カメラの進化はどのぐらい?

さて、2眼になったカメラの性能はどんなものなんでしょうか?

実はスペック的にはあまり進化していないようにも見えるんですよね。

iPad2020と2018のカメラの比較

2018年のiPad Proは持ってないので比較ができず申し訳ないんですが、参考に新型iPad Proで撮影してみた写真をアップしてみるので、どんなもんなのか見てみてください。

(クリックすると、オリジナルサイズ・Jpeg最高画質で書き出した写真が開きます。)

iPad Pro2020の写真サンプル1 iPad Pro2020の写真サンプル2 iPad Pro2020の写真サンプル3

ちなみに2眼カメラの標準レンズの方と超広角レンズによる画角の違いはこんな感じです。どちらも同じ場所から同じ方向を撮ってます。

すべてのモデルでメモリが6GBになった

今回発売された新型のiPad Proで地味に大きな進化なのは、128GBから1TBまでのすべてのモデルでメモリが6GBになったことです。

2018年のモデルまでは、1TBの最上位モデルのみメモリが6GB搭載で、その他のモデルはメモリが4GBでした・

クリエイティブな作業は特にメモリが多い方が快適になるので、この進化は結構ありがたいなと思いました。

ARのための「LiDARスキャナ」は非実用的

IKEAなどが家具を家の中に置いたイメージをバーチャルで確認できるようなアプリを出していたり、そのほか教育やエンタメ用途のアプリはある程度出てきているとはいえ、ARは未だ一般にまでは普及しているとはいえませんよね。

あくまで僕のようなイラストレーターだったり、一般的なクリエイターや、ライターなどにとって、今回Appleが大々的に売りとしている「LiDARスキャナ」は不要のものかと思います。

iPad Pro2020は買い?待ち?

前の機種から1年4〜5ヶ月ぶりとはいえ、あまりサプライズのなかったiPad Pro。果たして今が買い時なのか?それとも買わない方が良いのか?難しいところですよね。

買うべきかどうか悩んでいる方に一つ、情報があります。

テック系YouTuberのJon Prosserが、今年の年末あたりに5Gに対応したA14Xチップ入りの新型iPad Proが出ると予想しているんです。

これが本当なら、とにかく高性能なiPad Proが欲しい人は年末まで待つのはアリだと思います。

ただ、「買いたい時が買い時」とも言いますし、早めに買ってたくさんイラストを描く方が良いと思う派の僕は今このタイミングで買ったことを全く後悔してません。

それから、2020年バージョンの新型が発売されたことにより2018年版のiPad Proが型落ちしてコスパが良くなっているので、コスパ重視の人はそちらを買うのも良いと思います。2020年と2018年のモデルは性能的にはほとんど変わらないですしね。

というわけで、これからiPad Proの使い方などについての発信もやっていきたいと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥115,280
(2020/08/15 06:08:35時点 Amazon調べ-詳細)