アイテム

【簡単】Audible無料体験を開始する方法と、Apple Watchの設定方法

audible無料体験を開始する方法と、Apple Watchの設定方法

イラストレーターの北川(@tk_illustration)です。

最近忙しくてなかなか読書の時間が取れなかった僕は、「せめて毎日健康のために設けている散歩の時間に読書を楽しめないかなぁ」と思い、オーディオブックのアプリ『Audible』の存在を思い出しました。そう、オーディオブックなら散歩中でもBluetoothイヤホンがあれば読書を楽しめちゃうんですよね。

調べてみるとAudibleは今、2ヶ月間も無料で使えるキャンペーン中とのこと。

さっそく会員登録してみることにしました。

Audibleの無料体験に登録する

Audibleの会員登録は、Amazonアプリからは行えません。

PCやスマホのブラウザでaudibleを30日間無料体験のページに行き、そこから登録を進めていきましょう。

ここではスマホの画面で解説をしていきます。

 

まずはAmazonにアカウントでログインした状態で、Audibleのページにある「2ヶ月無料体験を試す」のボタンをタップします。

Audibleのページにある「2ヶ月無料体験を試す」のボタン

さらにその先のページでも「無料体験を試す」というボタンがありますので、タップします。このボタンを押すと、無料体験がスタートします。

「無料体験を試す」ボタン

「ようこそAudibleへ!」の文字が見えたら登録完了、そして無料体験のスタートとなります。

早速「Audibleストアでタイトルを探す」をタップし、オーディオブックを探しましょう。

「Audibleストアでタイトルを探す」ボタン
これでAudibleの無料登録が完了です。次は本を購入してダウンロードします。

オーディオブックを購入する

Audibleストアのトップページです。人気のタイトルや新着タイトル、ジャンルのおすすめ、ランキングなど、色んな探し方ができるようになってます。

Audibleストアトップページ

売れ筋ランキングのページに行ってみました。

Audibleは毎月1冊は無料で本が読めるサービスです。もちろん無料体験期間の2ヶ月も、1ヶ月に1冊ずつ本のオーディオファイルを無料でダウンロードできてしまいます。

いま書店で平積みにしてあるような売れ筋の本もたくさんあるので迷いますね。

Audible・オーディオブックの売れ筋ランキングページ

数十分迷った結果、ダイヤモンド社の『嫌われる勇気』をダウンロードすることに決めました。一度Kindle版も買ったんですが、読んでだいぶ経っていてまた読み直したくなったんですよね。

Audibleストアのランキングでも2位という大ヒット書籍です。

購入するには「Audibleコインで購入」のボタンをタップします。

「嫌われる勇気」の購入ページ
これで書籍の購入は完了です。次はAudibleアプリをインストールします。

iPhoneにAudibleのアプリを入れる

書籍の購入が完了したので、今度は「Audibleアプリで開く」ボタンをタップして、スマートフォンにAudibleのアプリをインストールします。

購入完了ページと、「Audibleアプリで開く」ボタン

iTunes Storeのトップ画面が出たら「続ける」をタップ。

iTunes Storeのトップ画面

Audibleのアプリのページに移るので、「入手」ボタンを押します。

App Store内、Audibleのアプリのページ

本当にインストールするかどうかの確認が出るので、「インストール」をタップします。

「インストール」ボタン

しばらく待ってインストールが終わったら、さっき押した「入手」ボタンが「開く」ボタンに変わるので、そこを押します。

 インストール完了画面と「開く」ボタン

Audibleアプリの起動画面

アプリがスマホのライブラリにアクセスの許可を求めてくるので「OK」をタップ。

ライブラリへのアクセスの許可画面

ここでAmazonアカウントを使ってAudibleにサインインします。「サインイン」ボタンをタップ。

Audibleの「サインイン」ボタン

すでにスマホにパスワードが保存されてある状態の場合は、OKボタンをタップするだけで簡単にアカウントIDとパスワードを入力できるので便利です。

保存されたパスワードを選択する画面

Amazonアカウント名とパスワードを入力したら、「サインイン」ボタンを押しましょう。

Amazonアカウント名とパスワードの入力画面

Audibleアプリのホーム画面に移動するので、下列のメニューから「Library」を選択します。

Audibleアプリのホーム画面

さっき買った本がライブラリ(購入した書籍のリスト)の中に入ってますね。

サムネイル(書籍の小さな画像)の右下に矢印マークが出てるのは、「この本は購入されているけど、スマホ端末にはダウンロードされてないよ」という意味です。

オーディオを聴くにはダウンロードは必須なので、書籍のサムネイルをタップしてダウンロードを開始しましょう。

 Audibleのライブラリのページ

ダウンロード待ち状態になりました。ダウンロードの途中でも再生は出来ます。

ダウンロード中の画面

ダウンロードが完了すると、サムネイルの右下の矢印マークが消えます。

このままでもスマホで再生して、スマホのスピーカーやBluetoothイヤホンで聴くことはできます。再生するには書籍のサムネイルか説明文章の上をタップすればOKです。

ただ今回は、Apple Watchにオーディオデータを入れてApple WatchとBluetoothイヤホンだけでも再生できるようにしていきたいので、書籍の列の右側の「…」のマークをタップしてApple Watchにデータを同期する前に、Apple WatchにAudibleのアプリを入れる必要があります。スマホの作業は一旦ここでストップします。

ダウンロード完了後の画面

 

次はApple Watchの方にもAudibleアプリを入れます。

Apple WatchにAudibleアプリをインストールする

さて、Apple Watch単体とBluetoothイヤホンだけでAudibleのオーディオブックを聴くためには、Apple Watchの中にもAudibleのアプリを入れなければいけません。

Appの一覧から、App Storeのアイコンをタップします。

Apple WatchのApp一覧のページにあるApp Storeのアイコン

Audibleのアプリを探すために、「検索」ボタンを押します。

App Storeの「検索」ボタン

「音声入力」をタップします。

App Storeの「音声入力」ボタン

声に出して「オーディブル」と言います。発音は完全に日本語発音でOK。

音声入力画面

無事聞き取ってくれたら、「Amazonオーディオブック – オーディブル」というアプリが最初に出てくると思います。ここでダウンロードボタン(雲のマーク)をタップします。

音声検索の結果画面

ダウンロードが始まるとしばらく待ちます。

Audibleアプリのダウンロード中の画面

無事ダウンロードされたら「開く」をタップします。

ダウンロード完了画面と「開く」ボタン

Appの一覧の画面にもAudibleのアイコンが出るので、ここからアプリを立ち上げてもOK。

Appの一覧の画面内にあるAudibleのアイコン

Apple WatchでAudibleのアプリを開くと、「スマホからオーディオファイルを転送(同期)してね」というメッセージと、そのやり方が書かれています。

なのでスマホのほうの作業に戻ります。

Audibleアプリのメッセージ
最後にデータを同期して、オーディオブックを聴いてみましょう。

本を同期して、聴く

さきほどストップしていたスマホの画面に戻り、右側の「…」のマークを押します。

オーディオブックのダウンロード後のAudibleアプリの画面(iPhone上)

「Apple Watchと同期する」をタップします。

これでApple Watchの端末に、オーディオデータが転送されます。

「Apple Watchと同期する」ボタン

同期が始まり、進行の度合いがパーセント表示されます。

メッセージに書かれている通り、Apple Watchを磁気充電ケーブルに接続すると同期の速度がアップします。早くに同期完了させたい人はApple Watchを腕から外して充電状態にしましょう。

同期が開始された画面 同期中の画面

Apple Watchとの同期が完了すると、列の右側のほうに時計のマークが表示されます。

同期完了を知らせる時計のマーク

iPhone上で聴く

Apple Watchを介さず、iPhoneだけ(iPhoneのスピーカー、もしくはイヤホンを使って)でオーディオブックを聴く場合は、書籍のサムネイルかタイトルなどの情報部分をタップします。するとすぐに再生が始まります。

iPhoneのAudibleアプリでオーディオブックを再生している画面

Apple WatchとBluetoothイヤホンで聴く

Apple Watchでオーディオブックを聴くためには、ワイヤレスのイヤホンが必要です。

僕はAppleのAirPods Proを使用しています。

Apple AirPods Pro

少々お高めのイヤホンだけど、ノイズキャンセリング機能があることで散歩中でもクリアな音を聴くことができるのがメリット。

散歩中やカフェ、電車などノイズのある場所でオーディオブックを聴きたい人や、英語のリスニングをしたい人には超絶おすすめのイヤホンです。

Apple Watchのアプリ一覧からAudibleのアプリを立ち上げると、左下のライブラリのボタンを押して、同期した書籍を選択します。

 

Apple WatchのAudibleのアプリ起動後の画面

書籍をタップすると、再生がスタートします。

ライブラリ内で書籍の情報が見られる
お疲れ様でした。Audibleを楽しんでくださいね

トラブルがあったら?

audibleのユーザー登録や、iPhone/Apple Watchのアプリの使用時に何かエラーがあった時には、カスタマーサービスの無料サポートを利用すると良いです。

実は僕もApple Watchに入れたアプリが正常に動かず、ネットで解決方法を調べてみても見つからなかったので、カスタマーサービスのページでサポートの要請をしてみました。

カスタマーサービスのページでは詳しく自分の環境などを入力する必要もなく、簡単な問い合わせの種類を選ぶだけですぐにサポートの電話をもらうことが出来ます(メールでサポートを受けることも可能です)。